たるみはエクササイズやマッサージでケア

顔のたるみが発生する理由の一つとなっているのが、眼輪筋の衰えが原因であり
エクササイズで鍛えたりマッサージでケアすることにより、大きく改善する可能性があります。

改善が難しい場合でも悪化する事を食い止めることに効果的になっているので、
悩んだ際にはまずエクササイズやマッサージをしてみるようにしましょう。

マッサージを試す

加齢とともに衰えてしまうのは仕方がないことと考えがちですが、
日頃からきちんとケアしておくことができれば、顔のたるみは
大きく改善することは確かです。

まぶたを指で上に引き上げた状態で、目の開け閉めを何度か繰り返すことで
眼輪筋が上下に動き、その後は目の両端に指を当てて刺激し眼輪筋強化していきましょう。

中指を目頭にあて、人さし指を目尻において、指を左右に動かすことで、
横の刺激になります。目の周りにはあらゆる筋肉があり、コリやすくなっているからこそ、
しっかりほぐしてあげることで顔のたるみの改善にも役立ちます。

1日数分の簡単なマッサージやエクササイズをすることによって、
特別な事をしなくても顔のたるみの解決に繋がります。

その際に美容クリームを使うことにより、さらに効果も高めることが可能です。

専門的な治療のスムースアイ

顔のたるみは日々のマッサージやエクササイズで多少改善させることができますが、
すでに大きくたるんでしまっているとなれば思っているほどの効果を得ることは難しくなってしまいます。

その場合には専門治療を行うべきであり、今の時代ではあらゆる治療方法が存在するようになりました。
数ある中の一つであり、近年注目を集めているのがスムースアイです。

今までのたるみ治療とは大きく異なる方法であり、表から届かないからこそ、
まぶたをひっくり返して裏側の粘膜面からレーザー照射をして、
皮下の深い部分にある層に直接アプローチして引き締めることを
目的としているのが特徴です。

下まぶた表面の凹凸がたるみに見える大きな原因となっていて、
この凹凸をならして平坦にし滑らかにすることによって、目元の若返りが
実現する方法となっています。

目元が若返る

これまでにない深い層へのアプローチが可能であり、痛みがほぼないことや
ダウンタイムもほとんどないのが魅力です。

顔のたるみを治療する従来の施術方法は、ダウンタイムが長かったり痛みもあり、
リスクが高い方法も珍しくありませんでした。

しかしスムースアイなら、リスクも低くダウンタイムもほぼないので、
より気軽に顔のたるみを解決することができます。

自宅でできる顔のたるみ治療法は?

年齢を問わず、顔のたるみが気になると答える方が
増えています。

顔のたるみは、年齢によるもののほかに、日々の生活
習慣などにより、徐々に引き起こされているものです。

と言うことは、顔のたるみ治療も、毎日実践したほうが
よいということになります。

顔のたるみの原因となる要素と自宅でどのようにたるみ治療を
実践できるか考えてみます。

顔のたるみは、老廃物や脂肪がたまってしまうために起こります。

そして、リンパ腺は、老廃物や脂肪を運ぶ働きがありますので、
たるみ治療として、リンパ腺と血液の流れをマッサージによって
良くすることができます。

フェイスラインのマッサージ

簡単にできるのは、クレンジングクリームを手のひらで人肌に温め、
中指と薬指の腹で、顔の下から上、中から外へくるくるとなじませる
ようにマッサージしたり、首側面のリンパにそって同様のマッサージを行えます。

また、あごの老廃物をリンパに流すため、あごから耳に向かって
顔のラインに沿ってマッサージすることも効果的です。

また、たるみ治療として、体の内側から体質改善することも大切です。

たるみを引き起こしているのは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の
減少も関係しています。

もちろん外側から補充してあげることも大切ですが、内側から摂取することで
効果を高めることができます。

顔のたるみによく効く食材として、肌の保湿力を高める効果のある
大豆イソフラボンが含まれている納豆、コラーゲンが多く含まれている牛筋、
ヒアルロン酸やコラーゲンたっぷりの鶏肉の皮などがあります。

顔のたるみ治療の病院の選び方

自宅でのたるみ改善に限界を感じる場合は、やはり病院を頼るのが一番です。

病院を頼る

顔のたるみ治療の病院の選び方として行いたいのは、
まずは無料カウンセリングを利用することです。

医療機関は初診料がかかりますが、美容系のクリニックの
場合だと、お医者さんとのカウンセリングは無料である
ケースが多いです。

これは利用するしかありませんし、顔のたるみ治療は
失敗などはできないお悩みです。

カウンセリングを受けて治療を受けるかを決めるのですから、
病院で対処をしてカウンセリングをするのが、美容カウンセラーなどの場合は
その時点で却下でしょう。

顔のたるみ治療というのは、誤れば顔の輪郭に問題は生じたり、
肌にも問題を起こすことがあります。

美容系の病院で働く美容カウンセラーという女性は、基本的に医療資格のない
一般人です。

前職でエステで働いていたり、単に美容が好きな普通の無資格な人間が
高額な自由診療の美容医療治療に関して、美容整形を勧めることなど
あってはなりません。

まずカウンセリングがお医者さんではなく、何をしてきたか
不明なカウンセラーという女性であれば、そのクリニックは
やめておくことです。

最初から美容医療に携わってきたお医者さんがカウンセリングを
することは基本であり、その上でたるみ治療の実績を、確実に
積み上げてきたお医者さんのもとで、心に安心を持って治療を
することです。

質問にも的確に回答をくれるお医者さんであり、無理に美容整形を
勧めないでその上で必要な治療の提案をしてくれるお医者さんを
探すことです。

やってみよう、顔のたるみチェック!

紫外線顔のたるみは老化だけでなく、紫外線や乾燥、
顔の筋肉の退化も原因となり、20代から
始まっています。

まだ大丈夫と思っているうちにたるみが
加速しているかもしれません。
そこで顔のたるみチェックをやってみましょう。

たるみが一番顕著に見られるのは、口もとです。
たるみによって口角が下がります。

口角が下がっていないか確認しましょう。

また法令線が目立ってくるのもたるみの合図です。
次に毛穴の状態を見てみましょう。

顔がたるむことによって重みで毛穴は楕円形になります。
最後に顔全体を見てみましょう。以前より顔が大きく見えたり、
フェイスラインがすっきりしていないと感じるときはたるみがあると考えられます。

たるみがあると実年齢より10歳老けて見られることもあります。

たるみチェックによってたるみを確認したときは、スキンケアやマッサージなどで
積極的に解消していきましょう。

また、口角をあげるように口紅を塗るなど、たるみを上手く隠す
メイクをすることも効果的です。

メイク