たるみはエクササイズやマッサージでケア

顔のたるみが発生する理由の一つとなっているのが、眼輪筋の衰えが原因であり
エクササイズで鍛えたりマッサージでケアすることにより、大きく改善する可能性があります。

改善が難しい場合でも悪化する事を食い止めることに効果的になっているので、
悩んだ際にはまずエクササイズやマッサージをしてみるようにしましょう。

マッサージを試す

加齢とともに衰えてしまうのは仕方がないことと考えがちですが、
日頃からきちんとケアしておくことができれば、顔のたるみは
大きく改善することは確かです。

まぶたを指で上に引き上げた状態で、目の開け閉めを何度か繰り返すことで
眼輪筋が上下に動き、その後は目の両端に指を当てて刺激し眼輪筋強化していきましょう。

中指を目頭にあて、人さし指を目尻において、指を左右に動かすことで、
横の刺激になります。目の周りにはあらゆる筋肉があり、コリやすくなっているからこそ、
しっかりほぐしてあげることで顔のたるみの改善にも役立ちます。

1日数分の簡単なマッサージやエクササイズをすることによって、
特別な事をしなくても顔のたるみの解決に繋がります。

その際に美容クリームを使うことにより、さらに効果も高めることが可能です。

専門的な治療のスムースアイ

顔のたるみは日々のマッサージやエクササイズで多少改善させることができますが、
すでに大きくたるんでしまっているとなれば思っているほどの効果を得ることは難しくなってしまいます。

その場合には専門治療を行うべきであり、今の時代ではあらゆる治療方法が存在するようになりました。
数ある中の一つであり、近年注目を集めているのがスムースアイです。

今までのたるみ治療とは大きく異なる方法であり、表から届かないからこそ、
まぶたをひっくり返して裏側の粘膜面からレーザー照射をして、
皮下の深い部分にある層に直接アプローチして引き締めることを
目的としているのが特徴です。

下まぶた表面の凹凸がたるみに見える大きな原因となっていて、
この凹凸をならして平坦にし滑らかにすることによって、目元の若返りが
実現する方法となっています。

目元が若返る

これまでにない深い層へのアプローチが可能であり、痛みがほぼないことや
ダウンタイムもほとんどないのが魅力です。

顔のたるみを治療する従来の施術方法は、ダウンタイムが長かったり痛みもあり、
リスクが高い方法も珍しくありませんでした。

しかしスムースアイなら、リスクも低くダウンタイムもほぼないので、
より気軽に顔のたるみを解決することができます。

肌再生治療で行なう事|肌細胞からアプローチする顔のたるみ治療

自分の細胞を用いる治療法だから、自然なケアが可能

肌再生治療とは自身の若い肌細胞を抽出及び保管、もしくは培養して
増殖させたら、肌の気になる部分に移植や注入をして若返り効果を
促す治療法です。

そのため、顔のたるみのケアに数えられています。

顔のたるみの治療法はフェイスリフトやレーザー治療、ヒアルロン酸や
ボトックスといった薬品の注射が主です。

そういった意味では肌再生治療はまだ、ポピュラーではないものの、
この方法にしかないメリットがあります。

そのメリットは、顔のたるみが自然に改善していく事です。

悩みのたるみ

先述した主な治療法は皮膚の炎症や変形を引き起こしやすく、
肌を痛めやすいデメリットがあります。

おまけに選んだ方法によっては、継続的な施術を受けなくてはならないです。

しかし自分の細胞を使用した場合、拒絶反応はなく自然に細胞同士が
繋がっていきます。

同時に若い細胞によって回復力の向上していくため、半永久的な効果
が期待できるのがメリットです。

その期間は半年から数年に渡るとされているものの、施術を受けてから1年
あるいは1年半というタイミングで細胞を補充すれば更なる回復力が期待できます。

こうした自然な効果から、施術を受けた事をバレたくない人にお勧めされています。

自分の細胞が使える理由とその治療法の歴史

たるみ治療に肌細胞が使えるのは、たるみのメカニズムが関わっているからです。

人間の肌は表皮と真皮、皮下組織という層が積み重なっており、その下には
脂肪組織と筋肉が隠れています。

基本的に若々しい肌はターンオーバーの働きが活発だからですが、その働きも
20歳を過ぎれば低下していくのが基本です。

このターンオーバーが衰えると、たるみが生じるわけですが、たるみにも
種類があります。

1つは皮膚自体が伸びてしまうタイプ、もう1つは皮膚と骨や筋膜を繋げる靱帯が
伸びてしまうタイプです。

医師による治療

そのためポピュラーなたるみ治療では、皮膚や靭帯の伸びをカバーする事を
目的としていました。

しかし肌細胞であれば、直接肌にアプローチして年老いた肌を改善できます。

現在たるみ治療に注目されていますが、その歴史はまだ新しいです。

1990年代に当時カリフォルニア大学ロサンゼルス校に所属していた
オルガ・マルコ博士が原理を考案し、日本に上陸したの2002年で、
東海大学で熱傷のための培養皮膚を研究している研究室で紹介された
のが初めてだとされています。

その際に渡されたファイルには美容に応用できる技術が確立されており、
2万人の患者が受けられる内容だったそうです。

やってみよう、顔のたるみチェック!

紫外線顔のたるみは老化だけでなく、紫外線や乾燥、
顔の筋肉の退化も原因となり、20代から
始まっています。

まだ大丈夫と思っているうちにたるみが
加速しているかもしれません。
そこで顔のたるみチェックをやってみましょう。

たるみが一番顕著に見られるのは、口もとです。
たるみによって口角が下がります。

口角が下がっていないか確認しましょう。

また法令線が目立ってくるのもたるみの合図です。
次に毛穴の状態を見てみましょう。

顔がたるむことによって重みで毛穴は楕円形になります。
最後に顔全体を見てみましょう。以前より顔が大きく見えたり、
フェイスラインがすっきりしていないと感じるときはたるみがあると考えられます。

たるみがあると実年齢より10歳老けて見られることもあります。

たるみチェックによってたるみを確認したときは、スキンケアやマッサージなどで
積極的に解消していきましょう。

また、口角をあげるように口紅を塗るなど、たるみを上手く隠す
メイクをすることも効果的です。

メイク