自宅でできる顔のたるみ治療法は?

年齢を問わず、顔のたるみが気になると答える方が
増えています。

顔のたるみは、年齢によるもののほかに、日々の生活
習慣などにより、徐々に引き起こされているものです。

と言うことは、顔のたるみ治療も、毎日実践したほうが
よいということになります。

顔のたるみの原因となる要素と自宅でどのようにたるみ治療を
実践できるか考えてみます。

顔のたるみは、老廃物や脂肪がたまってしまうために起こります。

そして、リンパ腺は、老廃物や脂肪を運ぶ働きがありますので、
たるみ治療として、リンパ腺と血液の流れをマッサージによって
良くすることができます。

フェイスラインのマッサージ

簡単にできるのは、クレンジングクリームを手のひらで人肌に温め、
中指と薬指の腹で、顔の下から上、中から外へくるくるとなじませる
ようにマッサージしたり、首側面のリンパにそって同様のマッサージを行えます。

また、あごの老廃物をリンパに流すため、あごから耳に向かって
顔のラインに沿ってマッサージすることも効果的です。

また、たるみ治療として、体の内側から体質改善することも大切です。

たるみを引き起こしているのは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の
減少も関係しています。

もちろん外側から補充してあげることも大切ですが、内側から摂取することで
効果を高めることができます。

顔のたるみによく効く食材として、肌の保湿力を高める効果のある
大豆イソフラボンが含まれている納豆、コラーゲンが多く含まれている牛筋、
ヒアルロン酸やコラーゲンたっぷりの鶏肉の皮などがあります。

顔のたるみ治療の病院の選び方

自宅でのたるみ改善に限界を感じる場合は、やはり病院を頼るのが一番です。

病院を頼る

顔のたるみ治療の病院の選び方として行いたいのは、
まずは無料カウンセリングを利用することです。

医療機関は初診料がかかりますが、美容系のクリニックの
場合だと、お医者さんとのカウンセリングは無料である
ケースが多いです。

これは利用するしかありませんし、顔のたるみ治療は
失敗などはできないお悩みです。

カウンセリングを受けて治療を受けるかを決めるのですから、
病院で対処をしてカウンセリングをするのが、美容カウンセラーなどの場合は
その時点で却下でしょう。

顔のたるみ治療というのは、誤れば顔の輪郭に問題は生じたり、
肌にも問題を起こすことがあります。

美容系の病院で働く美容カウンセラーという女性は、基本的に医療資格のない
一般人です。

前職でエステで働いていたり、単に美容が好きな普通の無資格な人間が
高額な自由診療の美容医療治療に関して、美容整形を勧めることなど
あってはなりません。

まずカウンセリングがお医者さんではなく、何をしてきたか
不明なカウンセラーという女性であれば、そのクリニックは
やめておくことです。

最初から美容医療に携わってきたお医者さんがカウンセリングを
することは基本であり、その上でたるみ治療の実績を、確実に
積み上げてきたお医者さんのもとで、心に安心を持って治療を
することです。

質問にも的確に回答をくれるお医者さんであり、無理に美容整形を
勧めないでその上で必要な治療の提案をしてくれるお医者さんを
探すことです。

肌再生治療で行なう事|肌細胞からアプローチする顔のたるみ治療

自分の細胞を用いる治療法だから、自然なケアが可能

肌再生治療とは自身の若い肌細胞を抽出及び保管、もしくは培養して
増殖させたら、肌の気になる部分に移植や注入をして若返り効果を
促す治療法です。

そのため、顔のたるみのケアに数えられています。

顔のたるみの治療法はフェイスリフトやレーザー治療、ヒアルロン酸や
ボトックスといった薬品の注射が主です。

そういった意味では肌再生治療はまだ、ポピュラーではないものの、
この方法にしかないメリットがあります。

そのメリットは、顔のたるみが自然に改善していく事です。

悩みのたるみ

先述した主な治療法は皮膚の炎症や変形を引き起こしやすく、
肌を痛めやすいデメリットがあります。

おまけに選んだ方法によっては、継続的な施術を受けなくてはならないです。

しかし自分の細胞を使用した場合、拒絶反応はなく自然に細胞同士が
繋がっていきます。

同時に若い細胞によって回復力の向上していくため、半永久的な効果
が期待できるのがメリットです。

その期間は半年から数年に渡るとされているものの、施術を受けてから1年
あるいは1年半というタイミングで細胞を補充すれば更なる回復力が期待できます。

こうした自然な効果から、施術を受けた事をバレたくない人にお勧めされています。

自分の細胞が使える理由とその治療法の歴史

たるみ治療に肌細胞が使えるのは、たるみのメカニズムが関わっているからです。

人間の肌は表皮と真皮、皮下組織という層が積み重なっており、その下には
脂肪組織と筋肉が隠れています。

基本的に若々しい肌はターンオーバーの働きが活発だからですが、その働きも
20歳を過ぎれば低下していくのが基本です。

このターンオーバーが衰えると、たるみが生じるわけですが、たるみにも
種類があります。

1つは皮膚自体が伸びてしまうタイプ、もう1つは皮膚と骨や筋膜を繋げる靱帯が
伸びてしまうタイプです。

医師による治療

そのためポピュラーなたるみ治療では、皮膚や靭帯の伸びをカバーする事を
目的としていました。

しかし肌細胞であれば、直接肌にアプローチして年老いた肌を改善できます。

現在たるみ治療に注目されていますが、その歴史はまだ新しいです。

1990年代に当時カリフォルニア大学ロサンゼルス校に所属していた
オルガ・マルコ博士が原理を考案し、日本に上陸したの2002年で、
東海大学で熱傷のための培養皮膚を研究している研究室で紹介された
のが初めてだとされています。

その際に渡されたファイルには美容に応用できる技術が確立されており、
2万人の患者が受けられる内容だったそうです。

メスを使わない・痛くないたるみ治療方法は?

照射系の治療に注目しよう

たるみ治療では、メスを使う本格的なリフトアップ手術は特に
効果が高いとされています。

とはいえ、こうした治療は痛みを伴いますし、ダウンタイムが
長くなる傷が残るなどデメリットも少なくありません。

できることなら「メスを使わない」「痛くない」治療を選びたいと
考えている人は多いのではないでしょうか。

まったく痛みがないというわけではありませんが、照射系の
治療ならかなり痛みが抑えられています。

たるみの悩み

サーマクール、ウルセラやポラリスなど様々な施術がありますが、
個人差はあるもののゴムで弾かれる程度の痛さと表現されることが
多い施術です。

麻酔なしでも施術はできますが、痛みが苦手という人は麻酔
クリームなどを使うとより快適な施術ができますので、相談
してみましょう。

照射系の治療でも痛みの程度や効果はそれぞれ違いがあります。

治療を申しこむ前にはそれぞれの特徴や効果をよく比較して
自分に合う方法を見つけていきましょう。

注射を使う施術にも注目

「痛くない」「メスを使わない」たるみ治療としては注射を
使うたるみ治療もあげられます。

肌がたるむ理由としては、肌のハリ・弾力が低下している
こともあげられます。

その場合はヒアルロン酸注入を行うとすぐにハリや弾力が蘇ります。

目の下やほうれい線など気になる部分だけに使えるのも注射で
行う治療も良いところです。

注射

さらに、表情皺が目立つことで老けて見えてしまう人もありますが、
この場合はボトックスを利用すれば目立たなくすることができます。

顔に脂肪がたっぷりついて肌がたるんでしまう人もありますが、
この場合は脂肪溶解注射を利用すれば、無理なく余計な脂肪を
排出することができます。

注射が苦手という人もありますが、美容医療では極細の注射針が
使われることが多く、高い技術力の医師が担当してした場合は
痛みもかなり抑えられます。

それでも痛みが気になるという人は表面麻酔などで痛みを
抑える工夫をしてもらうとより安心です。

やってみよう、顔のたるみチェック!

紫外線顔のたるみは老化だけでなく、紫外線や乾燥、
顔の筋肉の退化も原因となり、20代から
始まっています。

まだ大丈夫と思っているうちにたるみが
加速しているかもしれません。
そこで顔のたるみチェックをやってみましょう。

たるみが一番顕著に見られるのは、口もとです。
たるみによって口角が下がります。

口角が下がっていないか確認しましょう。

また法令線が目立ってくるのもたるみの合図です。
次に毛穴の状態を見てみましょう。

顔がたるむことによって重みで毛穴は楕円形になります。
最後に顔全体を見てみましょう。以前より顔が大きく見えたり、
フェイスラインがすっきりしていないと感じるときはたるみがあると考えられます。

たるみがあると実年齢より10歳老けて見られることもあります。

たるみチェックによってたるみを確認したときは、スキンケアやマッサージなどで
積極的に解消していきましょう。

また、口角をあげるように口紅を塗るなど、たるみを上手く隠す
メイクをすることも効果的です。

メイク

顔のたるみ治療のウルセラについて

たるみ治療近年では、外科的な手術を伴わずにできる
たるみ治療が充実しています。

メスを使わないので傷跡が残ってしまうリスクがなく、
従来の手術による治療と比較して格段に受けやすく
なっていますが、そんな切らない顔のたるみ治療の中でも
人気なのが、ウルセラです。

この顔のたるみ治療が大きな注目を集めている理由は
従来の切らない治療法よりも深部にまで熱エネルギーを
届けられることにあります。安全な方法

従来の治療法であっても十分なたるみ改善効果を
期待することはできましたが、熱エネルギーを
届けられる深さは3ミリ程度が限度で、顔のたるみ改善の
鍵を握るSMAS筋膜にまではアプローチできませんでした。

その点、ウルセラは4.5ミリの深さまで熱エネルギーを
届けることができるので、SMAS筋膜を引き締め、
これまでの方法よりも更に効果的なたるみ治療を
可能としています。

深部にまで熱エネルギーが届くというと、治療に強い
痛みが伴うのではないか、と不安を抱く方も多いですが、
麻酔を使わずに十分に受けられる程度の熱感なので
特に心配する必要はありません。

また、肌の色や水分量に関わらず受けられる超音波を
使用しているので、乾燥肌や日焼けをしている方でも安心です。

切らない顔のたるみ治療は、傷跡のリスクだけでなく
ダウンタイムが無い点も大きな魅力です。

ウルセラにもダウンタイムは必要なく、治療後に
すぐ帰ることもできるので、時間が無くて顔のたるみ治療が
できなかった、という方にもおすすめです。

美容皮膚科で肌をキレイに!|ウルセラとウルセラの比較について

女性は、魅力的な容姿を保つために、美しい素肌を
維持しなければならないので、スキンケアコスメを使って
お手入れを行うことを習慣としています。

しかしどれほど努力を重ねていても、年齢とともに
大切なお顔には、次々と老化の兆しが現れ始めてしまい
セルフケアだけでは追いつかなくなってしまいます。老化の兆し

そんな時は、美容皮膚科での美肌治療をプラスすれば
理想とする美貌を実現できるでしょう。

今一番おすすめの施術は、最新たるみマシンといわれている
ウルセラシステムで、切らずに肌の奥にある表在性筋膜に
アプローチできるので、腫れや出血などもなくダウンタイムも
必要ありません。

ウルセラは一度の照射で強力なリフトアップ効果を発揮でき、
その効果が長く続くというメリットもあるので、人気の治療ですが、
注意点として知っておかなければならないこともあります。美肌になる

それは、非常に難しい施術であるため、解剖学に熟知し、
経験の豊富な医師に行ってもらわなければ、満足のいく仕上がりとは
ならないということで、クリニック選びを慎重に行う必要があります。

美容皮膚科で肌をキレイに!|人気のウルセラはどこで受けられるか

皮膚のたるみ治療として利用されてきた機器といえば
サーマクールが今までの主流です。

このサーマクールよりも皮膚のさらに奥にある筋肉まで
作用することで、高いたるみ治療効果が得られるのがウルセラになります。

施術の直後に効果が実感できるというのも、注目すべき点です。
ウルセラの施術を受けるには、美容皮膚科を利用します。

一部でこの施術方法に似た、エステバージョンのウルセラも
存在しますが、あくまでも医療行為ができないエステサロンで
実施される方法ですので、その効果は美容皮膚科とは比較になりません。

超音波画像を見ながら施術を行うという、高度な技術と
機器を用いた治療ですので、費用が多少高くても
医療機関である美容皮膚科で施術を受けるようにしましょう。効果を実感する

85%以上の人がたるみ改善効果を得られたというウルセラは、
日本国内ではまだまだ機器を導入する医療機関が少ないのが現状です。

ですが、インターネット検索を使えば、割と簡単に実施している
医療機関を見つけ出せます。検索してみる

美容皮膚科の人気の施術であるウルセラ

見た目年齢を一気に引き上げてしまうお肌のたるみ、
どれだけ高価なアンチエイジングコスメを使っても
エステのフェイシャルケアを受けても、なかなか改善されない
この悩みは、美容皮膚科で行われているウルセラが最適です。

今までであれば、手術でしか不可能であったお肌の奥深くに
しっかりと熱エネルギーを届けることのできるウルセラは、
頬のゆるみや目の周辺のたるみ、ほうれい線やフェイスラインの
もたつきに素晴らしい効果を発揮してくれるといわれており、
表在性筋膜までアプローチできる唯一のマシンだといわれています。顔のたるみの原因は、加齢や、紫外線、乾燥が主な原因

超音波を使用するため、肌表面にはやけどや赤み、腫れなども現れず
ダウンタイムもほとんどない治療なので、周囲にばれてしまう心配もありません。

また効果の持続性も素晴らしく、術後すぐに実感でき、半年から
一年程度はリフトアップ効果を維持できるので、たるみに悩む女性には
ぜひお勧めのケアです。スキルが高い

しかし確実な効果を出すには、スキルの高い医師に行ってもらう
ことがカギなので、病院選びには注意しましょう。