自宅でできる顔のたるみ治療法は?

年齢を問わず、顔のたるみが気になると答える方が
増えています。

顔のたるみは、年齢によるもののほかに、日々の生活
習慣などにより、徐々に引き起こされているものです。

と言うことは、顔のたるみ治療も、毎日実践したほうが
よいということになります。

顔のたるみの原因となる要素と自宅でどのようにたるみ治療を
実践できるか考えてみます。

顔のたるみは、老廃物や脂肪がたまってしまうために起こります。

そして、リンパ腺は、老廃物や脂肪を運ぶ働きがありますので、
たるみ治療として、リンパ腺と血液の流れをマッサージによって
良くすることができます。

フェイスラインのマッサージ

簡単にできるのは、クレンジングクリームを手のひらで人肌に温め、
中指と薬指の腹で、顔の下から上、中から外へくるくるとなじませる
ようにマッサージしたり、首側面のリンパにそって同様のマッサージを行えます。

また、あごの老廃物をリンパに流すため、あごから耳に向かって
顔のラインに沿ってマッサージすることも効果的です。

また、たるみ治療として、体の内側から体質改善することも大切です。

たるみを引き起こしているのは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の
減少も関係しています。

もちろん外側から補充してあげることも大切ですが、内側から摂取することで
効果を高めることができます。

顔のたるみによく効く食材として、肌の保湿力を高める効果のある
大豆イソフラボンが含まれている納豆、コラーゲンが多く含まれている牛筋、
ヒアルロン酸やコラーゲンたっぷりの鶏肉の皮などがあります。

顔のたるみ治療の病院の選び方

自宅でのたるみ改善に限界を感じる場合は、やはり病院を頼るのが一番です。

病院を頼る

顔のたるみ治療の病院の選び方として行いたいのは、
まずは無料カウンセリングを利用することです。

医療機関は初診料がかかりますが、美容系のクリニックの
場合だと、お医者さんとのカウンセリングは無料である
ケースが多いです。

これは利用するしかありませんし、顔のたるみ治療は
失敗などはできないお悩みです。

カウンセリングを受けて治療を受けるかを決めるのですから、
病院で対処をしてカウンセリングをするのが、美容カウンセラーなどの場合は
その時点で却下でしょう。

顔のたるみ治療というのは、誤れば顔の輪郭に問題は生じたり、
肌にも問題を起こすことがあります。

美容系の病院で働く美容カウンセラーという女性は、基本的に医療資格のない
一般人です。

前職でエステで働いていたり、単に美容が好きな普通の無資格な人間が
高額な自由診療の美容医療治療に関して、美容整形を勧めることなど
あってはなりません。

まずカウンセリングがお医者さんではなく、何をしてきたか
不明なカウンセラーという女性であれば、そのクリニックは
やめておくことです。

最初から美容医療に携わってきたお医者さんがカウンセリングを
することは基本であり、その上でたるみ治療の実績を、確実に
積み上げてきたお医者さんのもとで、心に安心を持って治療を
することです。

質問にも的確に回答をくれるお医者さんであり、無理に美容整形を
勧めないでその上で必要な治療の提案をしてくれるお医者さんを
探すことです。

肌再生治療で行なう事|肌細胞からアプローチする顔のたるみ治療

自分の細胞を用いる治療法だから、自然なケアが可能

肌再生治療とは自身の若い肌細胞を抽出及び保管、もしくは培養して
増殖させたら、肌の気になる部分に移植や注入をして若返り効果を
促す治療法です。

そのため、顔のたるみのケアに数えられています。

顔のたるみの治療法はフェイスリフトやレーザー治療、ヒアルロン酸や
ボトックスといった薬品の注射が主です。

そういった意味では肌再生治療はまだ、ポピュラーではないものの、
この方法にしかないメリットがあります。

そのメリットは、顔のたるみが自然に改善していく事です。

悩みのたるみ

先述した主な治療法は皮膚の炎症や変形を引き起こしやすく、
肌を痛めやすいデメリットがあります。

おまけに選んだ方法によっては、継続的な施術を受けなくてはならないです。

しかし自分の細胞を使用した場合、拒絶反応はなく自然に細胞同士が
繋がっていきます。

同時に若い細胞によって回復力の向上していくため、半永久的な効果
が期待できるのがメリットです。

その期間は半年から数年に渡るとされているものの、施術を受けてから1年
あるいは1年半というタイミングで細胞を補充すれば更なる回復力が期待できます。

こうした自然な効果から、施術を受けた事をバレたくない人にお勧めされています。

自分の細胞が使える理由とその治療法の歴史

たるみ治療に肌細胞が使えるのは、たるみのメカニズムが関わっているからです。

人間の肌は表皮と真皮、皮下組織という層が積み重なっており、その下には
脂肪組織と筋肉が隠れています。

基本的に若々しい肌はターンオーバーの働きが活発だからですが、その働きも
20歳を過ぎれば低下していくのが基本です。

このターンオーバーが衰えると、たるみが生じるわけですが、たるみにも
種類があります。

1つは皮膚自体が伸びてしまうタイプ、もう1つは皮膚と骨や筋膜を繋げる靱帯が
伸びてしまうタイプです。

医師による治療

そのためポピュラーなたるみ治療では、皮膚や靭帯の伸びをカバーする事を
目的としていました。

しかし肌細胞であれば、直接肌にアプローチして年老いた肌を改善できます。

現在たるみ治療に注目されていますが、その歴史はまだ新しいです。

1990年代に当時カリフォルニア大学ロサンゼルス校に所属していた
オルガ・マルコ博士が原理を考案し、日本に上陸したの2002年で、
東海大学で熱傷のための培養皮膚を研究している研究室で紹介された
のが初めてだとされています。

その際に渡されたファイルには美容に応用できる技術が確立されており、
2万人の患者が受けられる内容だったそうです。

メスを使わない・痛くないたるみ治療方法は?

照射系の治療に注目しよう

たるみ治療では、メスを使う本格的なリフトアップ手術は特に
効果が高いとされています。

とはいえ、こうした治療は痛みを伴いますし、ダウンタイムが
長くなる傷が残るなどデメリットも少なくありません。

できることなら「メスを使わない」「痛くない」治療を選びたいと
考えている人は多いのではないでしょうか。

まったく痛みがないというわけではありませんが、照射系の
治療ならかなり痛みが抑えられています。

たるみの悩み

サーマクール、ウルセラやポラリスなど様々な施術がありますが、
個人差はあるもののゴムで弾かれる程度の痛さと表現されることが
多い施術です。

麻酔なしでも施術はできますが、痛みが苦手という人は麻酔
クリームなどを使うとより快適な施術ができますので、相談
してみましょう。

照射系の治療でも痛みの程度や効果はそれぞれ違いがあります。

治療を申しこむ前にはそれぞれの特徴や効果をよく比較して
自分に合う方法を見つけていきましょう。

注射を使う施術にも注目

「痛くない」「メスを使わない」たるみ治療としては注射を
使うたるみ治療もあげられます。

肌がたるむ理由としては、肌のハリ・弾力が低下している
こともあげられます。

その場合はヒアルロン酸注入を行うとすぐにハリや弾力が蘇ります。

目の下やほうれい線など気になる部分だけに使えるのも注射で
行う治療も良いところです。

注射

さらに、表情皺が目立つことで老けて見えてしまう人もありますが、
この場合はボトックスを利用すれば目立たなくすることができます。

顔に脂肪がたっぷりついて肌がたるんでしまう人もありますが、
この場合は脂肪溶解注射を利用すれば、無理なく余計な脂肪を
排出することができます。

注射が苦手という人もありますが、美容医療では極細の注射針が
使われることが多く、高い技術力の医師が担当してした場合は
痛みもかなり抑えられます。

それでも痛みが気になるという人は表面麻酔などで痛みを
抑える工夫をしてもらうとより安心です。